脱毛サロンの契約期間中に妊娠発覚!その後の対応は!

脱毛サロンはそれぞれお店によって特徴がありますが、ひとつ共通点があります。
それは、妊娠中は施術を受ける事が出来ないということです。

■何故妊娠中は脱毛施術が出来ないの?

これは妊娠中は肌がデリケートになるため、脱毛施術をする事によって肌荒れなどのトラブルが起きる可能性が高くなると考えられるからです。
もし、妊娠に気がつかずに脱毛施術を受けてしまったという場合でも、通常お腹の中の胎児に悪影響があるとは考えられません。
ですからその点は心配しなくても大丈夫です。
ただ、万が一の事を考えて脱毛サロンでは妊娠中は施術を受ける事が不可能なのです。

■契約後に妊娠が分かったら

脱毛を完了してから妊娠をする事が出来たら一番ベストですが、そんなに計画的にはいかないものですよね。
もし、脱毛の契約をしてから妊娠が分かったらどうすれば良いのでしょう。
そんな時にとる道はふたつになります。
それが休止をするか解約をするかです。

解約をする場合は、脱毛サロンによって異なりますが、大体は解約手数料や利用した分が差し引かれたりするものの返金してもらう事が可能です。
ただ、支払った分が全額戻ってくる事は少ないと覚えておきましょう。

そのためもし、出産後に脱毛を続けたい場合は休止の申し込みをした方がお勧めです。
休止は解約と違って電話のみで済むなど、手軽に手続きをする事が出来ます。
ただ休止をする場合に注意をしたいのが、脱毛の有効期限です。
無期限や無制限などの場合は問題ない事が多いのですが、それ以外の場合は契約してから有効期限が○年以内と脱毛サロンによって決まっているので注意しましょう。
サロンによっては休止理由が妊娠の場合は、有効期限の延長も可能な事があるのでお店に相談してみてください。

■絶対にやってはいけないこと

妊娠が分かった後、脱毛サロンへ連絡を入れずに勝手に休止をする事は止めましょう。
出産後も施術を受けられなくなったりするなど、トラブルが起きる可能性がありますよ。

■いつから脱毛を再開出来るの?

出産をしてから、さあ脱毛をしよう!と思っても実は直ぐに脱毛を再開出来る訳ではありません。
脱毛サロンによって、開始期間の条件があるのです。
例えば出産後3ヶ月以上たってから、生理が2回以上きてからといったような決まりがあります。
そのため、産後半年は脱毛を開始出来ないというケースは珍しくないのです。

女性の場合は、脱毛サロンへ通っている最中に、いつ妊娠してもおかしくありません。
ですから、今その予定がなかったとしても上記のポイントを覚えておくと良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です